子供の風邪には、本人の治癒力を発揮させるのが一番!!

うち、薬を使わなくなりました。
使わないと決めたら、本当に全くいらなくなっちゃいました。
普段子供に何気なく使ってたのは、咳止めとかだったけど、薬は症状を止めるだけで、体温を下げてしまって、治りが遅くなるって知ったので。
今は子供をよ~く観察して本人の流れで自力で治ってもらってます。

具体的には、風邪をひいたなと思ったら、とにかく暖かくさせる。
寒気がなくなるとこまで温め、熱は上がるところまでガツンと上げさせる。お風呂も頭洗わないとかはするけど、体がしっかり温まるように入れる。

たいていは食欲がなくなるので、無理に食べさせない、というか基本プチ断食?食べ物の消化には一番にエネルギーが持っていかれるので、治癒への力配分が後回しになるんだそうです、なので食欲がなくなるっていうのは、子供の体が元気になろうとしている証拠!!
本人が食べたいというまでは私からは勧めません。
でも、水分補給はとっても大切なので、お水に黒砂糖(純粋な)と天然塩をすこーし混ぜて、こまめに飲ませます。
テレビ見て休んでるとかだったら、CMのタイミングでほんのひとくちって感じです。

熱は40度超えるまでは全く慌てません、40度超えたらもう少し様子を観察するけれど、基本42度までは人間の細胞に後遺症が残ることはないそうです。それよりは、ウイルス撃退できる38度5分を超えさせるのが基本です。
こっちが平然としてると、子供も余計な心配せずにおとなしくゆっくり休んでいます。
そんなんで、たいてい翌朝には熱は下がってるのが当たり前になりました^^

夕方から深夜4時くらいまでは熱が上がったり、咳がひどくなるのは体が戦ってるからだそう。だけど、もしも朝になっても熱が全く下がらないとか上がってるとかならそれは一般の風邪(ウイルス)ではなく細菌の仕業の可能性があるので、まだ経験はないけれど、そうなったら病院に行くと思います。

我が家の子供の風邪の治療法でした。廃車買取 東京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です